オルニチン 鉄分

オルニチンを取ると鉄分も取り過ぎ?

オルニチンを取ると鉄分も摂り過ぎ?

サプリメント

 

肝機能が低下している時は要注意!

 

オルニチンを摂っても鉄分を摂り過ぎるということはありません。

 

鉄分は人にとって大切な栄養素です。
不足すると、貧血になったりと体調を崩すことになります。

 

ただ、肝機能が低下している場合は、シジミやレバーなどの肝臓に良い食材でも避けた方がいいようです。

 

肝機能が低下している時に、鉄分を多く含んだ食材を摂ると、過剰に蓄積してしまいます。
それにより、活性酸素が酸化反応を起こし、肝臓の状態を悪化させます。

 

脂肪肝や肝炎、肝硬変などの疾患がある場合は注意が必要です。

 

 

オルチニンを摂る際に鉄分を摂り過ぎることはない!?

 

オルニチンを含んだシジミや枝豆、アサリ、レバー、ほうれん草などは、
肝機能が低下している時は控えなければいけませんが、鉄分を摂り過ぎるからではありません。

 

肝臓が、鉄分の処理が充分にできない状態だからです。
普通の食事で、鉄分などの一部の栄養素が過剰摂取になるということはありません。

 

肝臓が弱っている時こそ必要なのがオルニチンです。
肝臓の働きを助け、機能を回復・維持する作用があります。

 

 

サプリメントを使えばオルニチンだけを摂取できる!

 

このような場合は、食材からとるのではなく、発酵オルニチンのサプリを摂取すれば、
アミノ酸であるオルニチンだけを摂取することができます。

 

オルニチンと言えばシジミ、シジミと言えば鉄分、というような連想が誤った認識をもたらすのでしょう。

 

オルニチンはアミノ酸の一種ですから、他の栄養素の過剰摂取につながるようなものではありません。
正しい栄養素についての知識を持って、食生活を考えることが、健康的な生活につながります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ