オルニチン 血圧

オルニチンって血圧に良好な効果あり?

オルニチンって血圧に良好な効果あり?

高血圧

 

コラーゲンの合成を促進する効果がある!?

 

オルニチンはコラーゲンの合成を促進する栄養素ということですが、
摂取することで高血圧や動脈硬化の予防にも繋がると言われています。

 

血管を柔らかくすることで血圧を下げることができますし、動脈硬化を改善することができるでしょう。

 

血管は心臓と同じ筋肉によって作られており、血管に柔軟性や収縮性があれば心臓の負担を抑えることができます。
それによって脈拍も安定しますし、全身に血液や酸素、栄養素がしっかり運ばれることで元気な体を維持できるでしょう。

 

 

血管が柔らかくなり高血圧予防!

 

血管の柔軟性はコラーゲンによって保たれており、血管内壁のほとんどはコラーゲンによって占められています。

 

コラーゲンが不足したり、代謝が悪くなったりすると血管は硬くなってしまいますし、血流が悪くなってしまいます。

 

血管を無理に通る血液によって圧が高まってしまった場合、高血圧になってしまいます。
また、高血圧になると血管が弱くなって詰まりやすくなってしまうので注意しましょう。

 

血管壁のコラーゲン不足やコラーゲンの劣化は動脈硬化の原因となってしまうこともあります。

 

そこでコラーゲンの原料となるタンパク質を摂取することが大切ですし、
コラーゲンの合成を促進するオルニチンもしっかりと摂取していきましょう。

 

口から摂取したコラーゲンがそのまま血管壁のコラーゲンになるとは限りませんが、
オルニチンを摂取することで血管壁のコラーゲンの代謝も促進することができますし、血管の弾力性を保てるようになるのです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ